その他

□たかが、戯れ言
1ページ/2ページ



「私はいつになったら死ねるんだろうな」

 ポツリと、彼は言う。

「……?何か言ったか、デヴィッド」

 カイはちらとデヴィッドを見る。デヴィッドは目を伏せ、

「いいや」

 感情の籠もらない声で言う。
 そしてそのまま、また窓の外を静かに見つめていた。カイはそれを確認すると、何事もなかったかのように同じように窓の外を見る。





たかが、戯れ言
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ