その他

□この円舞曲が終わるまで
1ページ/4ページ




「小夜!危ない……ッ!」


 ハジの声に素早く反応し、小夜は振り返る。

――だが、遅すぎた。

 あまりに翼手の数が多すぎて、全てには対応できなかったのだ。翼手達は小夜に噛み付く。小夜は刀を振ろうとするが身動きがとれない。
 ハジも同様に翼手達に囲まれていた。必死に小夜の名前を呼ぶ。





この円舞曲が終わるまで
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ