俺についてこい!

□クラスメイトと生徒会!
1ページ/23ページ



翌朝──…

「…!……やと!」

「…んぁー?」

「隼人!起きろよ!」

……うざい。

煩く吠える徹の声に俺はあくびをしながら仕方なくモソモソと起き上がる。
そして徹を一睨み。

「っ…」

「てめぇ、俺の眠りを妨げ「可愛い!」ぅおっ…!?」

徹がいきなり抱きついてきて、バランスを崩した俺は押し倒されてしまった。

「っにしやがる…重てぇんだよ…!」

「朝から隼人が誘うんだもん♪やっぱ天然受け萌えーっ!」

「朝からうぜぇんだよ、このクソ腐男子がぁ…!」

体格差が大きすぎる上に、全体重をかけられた俺は潰されていて、呼吸困難。
いい加減ウザいから頭にチョップを。

「いでっ!」

「うるせぇんだよ…」

「かわいい!かわいすぎる!寝起きやばい…!」

「…死ね」

眠たくてまた落ちてくる瞼を必死に開けている俺。だけど、端から見たら虚ろであろう。

昨日みっちゃんのせいで寝るの中断されたから…寝足りねぇ。

「そうだ、ごめん!起こしに来たんだ」

「ん。起きるから…」

「悪ぃ、悪ぃ」

そう言いながら、ベッドから降りる徹。
俺はまたあくびをついて着替え始める、と、慌てた様子で止められた。

「ちょちょ、ちょい!」

「ぁあ?んだよ」

「ぶっ…不機嫌萌え…」

「…着替える」

「ちょ、ストップ!」

「だから、なんなんだよ。俺は着替えんの!邪魔だ変態」

「だっ」

徹のせいで完全に頭は覚醒していて、俺は怒鳴りながらまたまたチョップを。
だが、徹は涙目になりながら俺を制止する。

「ッ…マジで待って、俺が出るまで脱ぐなよ?」

「…んで」

「隼人、肌白くて綺麗だから襲いたくなるんだよ。しかも、今素顔だし」

「は?何言ってんだ?欲求はてめぇのチワワ共でどうにかしろよ。つーか、俺綺麗じゃないし」

ったく。無自覚って困る‥

「いいから、着替えるから出てけ。邪魔だジャマ」

俺は強引に徹を追い出し、制服に着替えて変装した。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ