秘める恋

□秘める想い
1ページ/6ページ




朝起きて支度を済ます。家を出ると、何軒か隣のいとこの家に向かう。長年染み付いた習慣だ。

「兄さん」

扉を開けて言う。すると、扉を開けた先にあるリビングの戸が開いた。

「唯人、おはよう」

唯人の従兄である僚が顔を出した。僚のハスキーボイスは昔から聞き慣れた物で耳に心地よい。名前を呼ばれただけで、幸せになれるほど。


「うん、おはよう」

「もうちょっと待ってろ」


僚はそう言って、リビングに姿を消した。

綺麗な黒髪に端整な顔立ち。頭が良くて性格も良く、誰からも好かれる人。程よい体格は遠くから見ても分かり、格好良いというより綺麗な容姿をしている印象。

僚は唯人の昔からの憧れの人で、恋愛感情込みで、好きな人。


「あら、唯人くん。いつもゴメンね」

僚と入れ違いに、僚の母親であり唯人の母の姉である紗季が出てきた。

「紗季さん。別に良いよ、俺は」


それくらいしか、俺だけの特別はないから。


「唯人、お待たせ」


「ううん、大丈夫。じゃあね紗季さん。いってきます」

「いってらっしゃい」


「行こう、兄さん」


さりげなく、唯人は僚の手を掴む。心の中では、飛び出しそうなほど心臓が鳴っているのを必死に隠して。




「今日はさ、亜弥さんいないの?」


唯人が手を離したのはすぐだった。そして、尋ねた。


「講義を休むらしい」


「…そっか」



高二の唯人より四つ年上の僚は大学生だ。そして、亜弥は僚と同じ大学に通っている、美人な彼女。



「亜弥に会えなくて、寂しい?」


亜弥がいなくて良かったと、密かに安心していた唯人に僚は聞いてきた。


「なんで?」


そんなわけないのに、どうしてそんな事を思うのだろう。僚は質問で返した。


「だって、亜弥とあまり目を合わさないこと多いから」

「それは、女の人に慣れてなくて緊張するから」


こういう時、男子校に通っていて良かったと思う。良い言い訳になるから。

本当は、こんなに美人な人が彼女なのだと自覚したくないだけ。これ以上、叶わない想いなのだと思い知りたくない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ