秘める恋

□偽る想い
1ページ/5ページ


気持ちを隠すだけでは駄目。態度も今まで以上に気をつけないと。


唯人が亜弥と話したあの日にそう決めて、数日が経った。

結果的に、周りに違和感を感じさせた。


「今度は何があったわけ?」

達也が唐突に尋ねた。

「…何が?」

なんのことか分からない唯人は、そのまま質問した。

「変だ」

「変?」

「お前の、僚さんに対する態度。不自然過ぎる」

従兄弟らしくなろうと頑張ったのだ。

触れられてもさりげなく逃げて、自分に言い聞かせるように“兄さん”と呼ぶ回数を増やした。自分から触れるのも止めるようにした。

「だって…従兄弟らしくなかったからさ…」

「あぁ、そういうこと」

唯人のその言葉だけで分かったらしい。達也は溜め息をついた。

「お前の場合、それは逆効果だろ」

「なんで?」

「唯人と僚さんは“仲良すぎる従兄弟”だったから」

「どういう意味だよ」

「急によそよそしくなってるんだよ。本来が余りにも仲良いから、逆に浮いてるんだよ」

達也に指摘されて、ようやく気付いた。そう言えば最近、親から何かあったのかと聞かれることが多かった。

「急になんでそう思ったんだか」

「それは…」

亜弥と話した時に、思ったから…。

周りから従兄弟らしく見られるようにしようって。

気持ちを隠すと決めた。それなら、やり通さないとって。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ