秘める恋

□揺れる想い
1ページ/6ページ



家に連絡したからか、唯人の母親が何か言ってくることはなかった。

ただ、次の朝、僚とはやっぱり気まずかった。

昨日あんなことがあったからか、僚も何故か様子が変で、亜弥も今朝は一緒だったけど二人の間に会話は少なかった。

そろそろ、こんな風に朝一緒に行くのも潮時かもしれないと、唯人は思った。


「…兄さん」

「なに?」

周りから見たら不自然になるかもしれない。不思議に思われるかもしれない。

でも、昨日言われた。

従弟として、大切で、好きなのだと。

そう告げられた時点で、唯人がするべき行動は決まっていた。

忘れられないとか、唯人の気持ちは関係ない。僚の幸せを願わなければ。

バスを待っている間、唯人は隣にいた僚に話しかけた。


「俺、そろそろ一人で朝行くね」


声、震えてないかな。

ちゃんと、笑えてるかな。


「どうしたんだよ、急に」

僚は狼狽えたような反応を示した。

何を、そんなに驚いてるの?

兄さんにちゃんとフラれる前から、考えてたことなんだよ?

「急にじゃないよ。結構前から考えてた」

「なんでだよ」

「だって、亜弥さんに申し訳無いよ。恋人と一緒の時間を、従弟の俺が邪魔するなんて」

「邪魔なんて、そんな事」

僚は、道路に体を向けていた唯人の肩を掴んだ。

「ダメだよ、兄さん」

そんな風に焦っている僚に対して、唯人は静かに首を横に振った。



「従弟より、恋人を大切にしないと」



目を見開く僚に「ね?」と唯人は切なげに微笑んだ。

それは僚にとって見たことない程に儚くて、でも今まで見た誰よりも綺麗だった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ