秘める恋

□交錯する想い
1ページ/7ページ



亜弥と別れて、唯人は自分でも理解出来ない想いを抱えながら歩いていた。



美佐も亜弥も、分からない。

何がしたいのか、なんで唯人なのか、分からない。


誰にぶつけて良いのかも……分からない。




「―――唯人」



ふいに呼ばれ、顔を上げた。


「……達、也?」


なんで達也が、いるのだろう。

先に帰っていてと伝えたのに。


達也は、喫茶店から大して離れていない場所に立っていた。


「…よう」


達也はゆっくりと唯人の元に寄る。

「なんで、いるの?」

「心配だったんだよ。昨日あんなことあった後だし、更に亜弥さんと会って話すなんて唯人がキツいかと思ってさ。話くらいなら聞いてやれるかと思ったんだ」

苦笑いで、達也は言う。


その達也を見て、唯人は思う。



どうして、こんな風に達也は欲しい時にいてくれるんだろう。


どうして、欲しい言葉をくれるんだろう。


「ぅわ」


唯人は反射的に達也に抱き付いていた。

「唯人?どした?」

「……達也」

「ん?」

「達也、前に言ったよね。俺が望む存在になるって。――――なら、一緒にいたい。兄さんよりも誰よりも、傍にいたい」


一緒にいて安心する。

一緒にいて楽しい。

傍にいたい。


「俺、達也の言葉に甘えても良い?」


呆然としていた達也だが、そっと唯人の背中を抱き締めた。


「…お前、本気か?」

「うん」

「撤回なしだぞ?」

唯人は回した腕に力を込めた。

「…好きだよ、達也。まだ完璧に兄さんを忘れたわけじゃないけど、でも」

「構わない。僚さんの事簡単に忘れられる訳ないの知ってるから。そう思ってくれる事自体、すげぇ嬉しいから」

達也は唯人の言葉を遮り、肩口に顔を乗せた。

「じゃあ、甘えても良い?頼っても良い?―――…恋人みたいに、一緒にいても良い?」

「当たり前だろ。拒否する訳ないだろ」

「……達也」

本当に嬉しそうに言うから、こっちまで照れてしまう。



「お前が望むなら、俺は恋人のように傍にいてやるよ」



幸せだな、と思った。


こんな人に好かれて、幸せだと思った。


そして、利用するみたいになって申し訳ない、と思った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ