秘める恋

□気付く想い
1ページ/4ページ



時間が経てば経つほど、自分の気持ちが判らなくなってくる。

どれが本当なのか。

本当の気持ちを隠す為に、自分でも気付かない内に嘘をついて……。


―――隠された本心は、なんだった?





そうしている内に、日は迫る。

唯人は、自分が本当に何を考えているのか分からなくなっていた。


「聞こうか迷ってたんだけどさ……」


ぼーっとしていた唯人に、達也が尋ねた。

「あ……なに?」

「明後日、だろ?僚さんの留学」

「……そう、だね」

自分でも分かっている。

分かっていて、考え過ぎて、どうすれば良いのか分からなくなっている。


「――唯人、なに考えてる?」

虚ろな唯人に、達也は尋ねる。

「わかんないんだ。色々」

「……たとえば?」

「自分が、どうしたいのか。何を迷ってるのか」

「迷ってる、ね。じゃあ、聞くけど、今唯人は、漠然とどんな気持ちだ?」

達也は自嘲気味に笑うと、唯人に聞く。

「今の気持ち?」

「ハッキリしてなくて良いよ」

唯人は考える。

漠然と胸の中に漂っている、この感情はなんだろう。



「――寂しい」



あぁ、そうだ。

俺は今、寂しいんだ。


唯人が言った瞬間、達也は哀しげに笑った。

「解ったよ、唯人の望んでいることが」






.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ