幼なじみ

□変わった日常
1ページ/13ページ




「覚えてないの?」

担任がなんとか場を収めて授業が始まって、終わった後に、イケメンの転校生の千歳に、陽は声をかけられた。

そして、授業中に気づいたことが二つ。

千歳はやっぱり、頭も良かった。

みんなが答えれなかった数学の問題を平気な顔で解いていた。そして、陽は、千歳に抱きつかれたというのが一斉に学校中にまで広まっていた。

「…なんのこと?」

陽は机にうつぶせて顔をあまり見られないようにして、千歳に答える。

教室の外が野次馬で五月蝿い。

女子からの羨ましいという声がすごく聞こえる。

「俺のこと、覚えてないの?」

「…今日が初対面じゃないの?」

陽の返事に千歳は残念そうにため息をついた。

「俺ね、陽とは幼稚園の時に知り合ってるんだよ。よく俺が陽に泣きついてた。それを陽は黙って聞いてくれた」

「幼稚園?」

ほんの少し顔を上げて千歳を見る。

千歳は懐かしむような表情で言う。

「俺さ、子供の頃両親が仲が悪かったんだ。よく泣いてたんだ。それをよく陽に愚痴ってた。それを、陽は何も言わずに俺の頭を撫でて聞いてくれてた。それが俺にはすごく嬉しかったんだ」



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ