幼なじみ

□異変
1ページ/7ページ



今ではすっかり有名になった転校生、神谷千歳が来てしばらく経った。

それまでの日常ともすっかり変わって、新しい日常にも大分慣れてきた。

朝は、いつもの四人で学校へと向かう。

学校へ着くと、まるで待っていたかのように千歳が陽を迎えにきて、ほぼ強引に教室へと連れていく。

その時に浴びる、生徒達からの冷たい視線もいつものこと。

休憩時間は常に千歳が傍にいるから、他のクラスへ行くことは滅多に出来ない。

物を忘れることもないので、困ることもなかった。

昼休憩は、優夜が迎えにきて屋上へとご飯を食べにいく。

架連が来ることは、滅多になくなった。

放課後は、優夜と帰ることが大半。

たまに、怜とも帰ったりするけど。

千歳といるのは、楽しい。

周りの噂も慣れたから、それを苦に思うこともない。ただ、今までの日常に比べて、架連、優夜、怜と一緒にいる時間が少なくなった気がする。


……ちょっと、いや、かなり、俺はそれを寂しいと思っているのも確かだ。


「光下!!」

「ぅわ!」

背中に重みがかかる。

「ちょ、重いって。離れろよ、大野」

首だけ後ろに回して、重さの原因の相手に不満を言う。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ