幼なじみ

□烈風の空 上
1ページ/17ページ




あの帰りの日、はぐらかされたまま、数日が経った。

怜は、あの日からはいつもの怜で、もう悩みはなくなったのかと思った。

「陽、今日は俺と架連で先に帰るから怜と帰ってね」

お昼の日、優夜に急に言われた。

「え、二人で一緒に?」

「うん、ちょっとね」

架連と優夜が一緒ってことは、買い物とかじゃないだろうし。

勉強会なら、一緒にするような二人じゃないし…。

でも、二人で行くって言ってるのを無理して聞いて、同伴しようとは思わない。

「ふぅん。分かった」

だから、陽は何もその事に突っ込まなかった。

「ごめんね?」

「ううん。別にいいんだけどさ。それよりも…」

少し寒くなった屋上。

周りを見渡した。

「怜は?今日はお昼に仕事でもあったの?生徒会?」

「あぁ、なんか先生に呼び出されたんだって」

「そうなんだ」

優夜の答えに頷いて、またご飯を食べ始める。

「それよりも、まだ神谷くんとは仲が良いんだね」

優夜が陽に聞いてきた。

「え、うん。まぁね」

相変わらず、千歳は陽にベッタリだ。

女子がそれに見慣れて、キャーキャー言うのをヤメる程に。

収まったのは嬉しいけど、分からない。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ