幼なじみ

□烈風の空 下
1ページ/14ページ




『陽がすごくつらくなった時、いつでも連絡して?』


千歳の言葉が、頭に浮かび上がった。

陽は今、一人で公園にいた。

家の近くにある、小さな子供ようの遊具が置いてある公園。

昔、千歳の悩みを聞いてあげていたところ。

「分かんないよ、怜」


悲しかった。

自分だけ知らなかったということも。

目を見てくれないことも。

何も話してくれないことも。

確かに、全部を話すことは無理かもしれない。

それでも、少しくらいは言って欲しかった。

でも怜は、何一つ言ってくれなかった。

理由があるなら、そう言ってくれたら良かったのに。

なのに、関係ないってだけしか言ってくれなかった。

今までの何年間、俺は怜のことを分かったつもりになってたのかな?

実は、すごい分厚い壁があって、それを壊せれてないまま、何年も一緒にいたのかな。

そうだとしたら、すごい悲しい。

一方的に知ったつもりになっていた自分が嫌だ。

でも、千歳が転校してきた日、怜は多少は自分に本音を見せてくれたはず。

確かに、そう感じたのに。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ