幼なじみ

□一水の行方 上
1ページ/13ページ




結局、俺はどうすれば良いんだろう……。

珍しく早くに目を覚ました陽は、支度をしながら考える。

昨日、怜は清々しい顔でお父さんの病室を出て来た。

たぶん、うまくいったのだろう。

だから、問題はその後だ。

『俺の言ったことは本当だ。冗談とかじゃない』

怜に、そう言い残された。

たぶん、『好き』って言われたことについてなんだろうけど……。

本当ってことは、冗談じゃなくて…。


じゃあ、本当の好き?

本当の好きって何?


「分かんないよ」

グルグルして、ごちゃごちゃになってきた。

陽は、考えることをヤメることにした。

口調も雰囲気もいつもの怜に戻ったし、困ることは何もない。

このまま、またいつもの日常に戻れば良いんだ。

「いってきます」

扉を出たら、そこにはいつもの面子。

「おはよう、陽」

「珍しく早ぇな、お前」

ほぼ同時に、架連と優夜が言った。

「後少しでチャイムを押す所だったよ」

「そっか」

「明日は雪か?」

「煩いなっ」

架連の冷やかしに、陽は頬を膨らまして言う。

「バーカ。冗談に決まってんだろ」

架連の久しぶりの笑った顔。

こんな風に明るい朝は久しぶりかもしれない。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ