幼なじみ

□一水の行方 下
1ページ/13ページ





翌日、優夜は学校を休んだ。


陽はメールを送ってみたけど、理由が分からなかった。

架連と怜も、体調不良としか聞いていないらしい。

その日はずっと、陽は優夜のことばかり考えた。

昨日、話したい事があるって言ってた。

もしかして、その事?

でもそれなら、メールの返信が来ても良いはず。

病気?

いや…。そんなの昨日は分からなかった。

家族に何かあった?

でもそれなら学校で大騒ぎの筈。

じゃあなんで休んだだろう。
真面目なのに。

仮病とか使わないタイプなのに。


その考えの繰り返しだった。

すると放課後に、架連と怜が教室に来た。

「ちょっと、二人で来られたら目立つんだけど…」

なんか、圧巻って感じ。

圧倒される。

でも、周りの騒ぎとは対照的に二人の表情は真剣だ。

「なぁ、優夜と連絡とれたか?」

「ううん。全然。二人もなの?」

「あぁ、全くだ」

沈黙が流れる。

こんな事、ずっと一緒で始めてだった。

必ず誰かには連絡があった。

家出とか、喧嘩とか。

絶対誰かが仲裁として入れる余地があった。

なのに、今回は何も出来ない。

早退してでも行けないのは、この騒ぎ。

前は怜が早退して、今回は優夜が休み。

それに続いて架連と怜がまた早退ってなると大事になる。

そして、肝心なのは、優夜の居所が分からないこと。

家にいるという確証がない。


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ