幼なじみ

□陽の当たる場所
1ページ/16ページ





「ふぅ〜」

優夜が落ち着いて、数日が経った。

あれからは何もなくて、いつもの平和が戻りつつあった。

優夜のしてきたキスは、怜と同じ種類のもの。

それは分かったけど、だからと言って、結論を出すようには言われていない為、陽は何もしないでいた。

どうして優夜が、怜に陽がキスされた事を知っているかは分からなかったけど、そこまで気にならないし、結局その疑問もそのままだ。


陽は屋上で、珍しく一人で座っていた。

「千歳といること、多かったし。最近、一人でいることなかったなー」

フェンスを背もたれにして、陽は休憩時間を利用して休みに来てた。

たまたま、千歳が職員室に呼ばれたのだ。

待っててって言われなかったから、一人で来てしまった。

「別に、怒ったりしないよね…」

千歳は、あまり怒らない。

そもそも、怒った姿を見た事が無い。

「千歳はどんな時に怒ったりするんだろう……」

ぽつりと、零した。

一度口に出すと、すごく気になってきた。

いつも笑っている千歳。

たまに、すごく真剣な顔になるけど、怒ったりはしない。

「少し、見てみたいかも……」


陽の頭に浮かんで来た、新しい疑問。

それが分かるのは、遠くない先の日だった。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ