灯火の末路

転々と光るあれは何?


儚いようで…
でも、温かいそれを
君は“灯火”と呼んだ…



僕と君は歩き出す
灯火に従いただ前へと…



この先にあるものが
絶望なのか希望なのか
分からずに…


でも、
君がいるから大丈夫…

この先に何があろうと
君と言う名の灯火が僕と共にいてくれるなら…


鏡合わせ

流れる言葉

メールボックス
雫集め

小さな呟き

堕ちた羽根
.



ブックマーク|教える
訪問者2544人目
最終更新日 2016/09/08




©フォレストページ