短編集

□とあるピースギルドの少女の話
1ページ/5ページ


※この話は、美鶴、恋亜が来る前のお話しです。







(雨が、降ってきたなぁ)


自室の窓の外を見ながら
その少女、


美亜(ミア)



は思った。





『最近は、天気が変わりやすいもんね。』


と、思いつつ


少し、ウトウトとしてきた。



『雨の音、ってなんか眠くなるなぁ』



もう、目が軽く閉じて寝てしまう




そんな時




コンコンッ



『えっ?』



窓がノックされた。



次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ