短編集

□季節シリーズ *秋*文化祭編
1ページ/8ページ


※『季節シリーズ *秋*文化祭準備編』の続きです。




ー午前ー



美鶴と宵沙と橙南は、午前を担当となった。



するのは、もちろん接客だ。



「で、でも……。

接客だからって……ど、どうして?」



橙南は、泣きそうな、ってかもう半泣き状態だった。
そして、何故かムダに興奮しているクラスメートに叫んだ。


「どうして、僕、女の子の格好なのっっ!!」


うりゅうりゅ、とした瞳で、ぬいぐるみを抱きしめる姿はもうサイコー……じゃなくて、可愛らしいもので、クラスメートの何人かは倒れた。手で鼻を押さえている人も何人かいる。


美鶴も、その様子に、(…可愛い)と思った。女の子ですから。

そんな中、ホッと息をつく人を見つけた。


「宵沙くん、どうしたの?」


「……………よかった」


宵沙は、普通の執事服だった。
心底安心したようすに、美鶴は少し苦笑した。



「………(でも、宵沙くんの女の子の格好、少し見てみたい…かも)」



と、美鶴が苦笑しながらも思ったのは内緒だが、
そんな美鶴を宵沙は、じとっ、と恨めしそうにみた。


「……………何か変なこと考えなかった?」



「……(す、鋭い)」


宵沙の鋭い指摘に、
美鶴は誤魔化すように笑った。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ