【 世界の中心で、愛とパスタとSOSを叫ぶ 】

□【世界旅行2周目:ローマの休日】
2ページ/6ページ

***





<チュン、チュン、チュン―…>


今日もまた、いつものように朝が来て、ルートヴィッヒは目を覚ました。

何度か瞬(まばた)きをして、むくりと上半身を起こす。

窓から外の風景を見ては、しばらくの間はそうやってボーッとした。



独「(あぁ、何だか今日は妙な夢を見たな…)」



内容は、そう…兵士の上に、空から女性が降ってくる夢だった(それも大変美しい)。

彼女は雛を元の場所に戻そうとしたら、誤って木から落ちてしまったらしい。


ふんわりとした好ましい雰囲気を漂わせる彼女だったが―。

その正体は、実は兵士の自国の敵であった。


心を許しかけた兵士は、戸惑いながらも、最後はその心優しい彼女を捕らえたという―…。



まるで、何処にでもある恋愛小説のような世界だった。



独「(しかし、夢にしてはなかなかリアルだったな…。 どうも他人事ではないような気もするが…)」



身嗜(みだしな)みを整え、寝室を出るルートヴィッヒ。

すると、ガチャッと、ドアを開けた瞬間に、明るい声が耳に届いた。



伊「あっ、お早うルート!」
     


昨日は良く眠れた?


大きな瞳をキラキラと輝かせ、人懐こい笑顔を見せたのは、“イタリア”の『フェリシア』。

箒(ほうき)を両手に持ち、ルートヴィッヒを見かけては、子犬のように駆け寄ってくる。

そんな彼女の姿を見て、ルートヴィッヒは思わず頬を緩ませた。



独「ん、お早う。
  お前こそ、ちゃんと眠れたか?」

伊「うん、ぐっすり!
  今ね、丁度部屋の掃除をしてたんだ」

独「何だ、掃除なら良かったのに。
  待ってろ、今から朝食を準備して―」



……………、間。



独「―って、違アァァァァァアう!!

伊「Σヴェぇーーー
   い、いきなり何ぃー!?」





夢だけど、夢じゃなかった!

(by 『となりの○トロ』)

※当たり前ですが、この時代にはまだその作品は存在していません。


この時、彼は心の中でそう叫んだという…。





【世界旅行2周目:ローマの休日】 ―世界は一時の感情で動いている!―



.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ