【 世界の中心で、愛とパスタとSOSを叫ぶ 】

□【世界旅行9周目:イタリアの特技】
2ページ/6ページ

***





伊「ヴェ、ヴェ、ヴェ、ヴェ〜♪」



上機嫌な様子で、歌でも歌うように奇妙な鳴き声(?)を発するフェリシア。

その事に気付いたルートヴィッヒは、何気なく彼女に声をかけてみた。



独「むっ…##NAMW2##、今日はやけに機嫌が良いな」

伊「あっ、ルート!
  えへへへ〜…ちょっとね///!」



彼からそう呼び止められると、フェリシアは恥かしそうに、しかし何処か幸せそうに微笑んだ。

彼女のその笑みは、相変わらず日の光のように思えたルートヴィッヒだったが、何故か、いつもの笑顔よりも“違和感”を感じた…。



独「(?…何だ、この違和感は………?)」



理由は分からないが、確かに感じてならないソレに、「何だ?」と疑問を抱くルートヴィッヒ…。

そんな事を彼が考えているとも知らず、フェリシアは嬉しそうに語り始めた。



伊「ふふふ…。
  あのね、実は今日、とっても素敵な夢を見たんだ!」

独「『夢』…?
  何だ、パスタ食べ放題の夢でも見たのか?」

伊「ヴェ、ソレも捨て難いけど…じゃなくて!
  違うよぉ〜、私が小さかった頃の夢を見たの!
  ローデリヒさんのピアノを聞いたり、エリザベータさんとお洗濯物を干したり、あと―」



フェリシアが、ほんのりと顔を赤らめた。



伊「“初恋の人”と一緒に兎の絵を描いたりした、そんな頃の夢を見たの…///」

独「っ―…!」



彼女のその笑顔は、普段ルートヴィッヒに向けているものよりも、ずっと輝いているように見えて―。

初恋の相手が、本当に愛おしいのだと思っているのが分かると、彼は左胸にチクリと痛みが走ったのを感じた。


ソレと同時に、表現し難いぐるぐるとした気持ちの悪い感情が、心の奥底から徐々に体中を蝕(むしば)んていくような感覚に襲われる。

当然、ルートヴィッヒはその感情の名前を知らない…。

ただ、目の前の彼女にイライラせずにはいられなかった。



独「………だたの夢で、よくもそんなに笑えるものだな」

伊「ヴェ?、ルート…?」



ああ、駄目だ。

それ以上は駄目だ。


彼の残った理性がそう叫ぶ。

しかし、一度開いた口はもう止まらなかった…。



独「フェリ、今は戦争中だ。
  そんなどうでも良い事は早く忘れて、生き延びることに集中しろ」

伊「!―………いもん」

独「<ハッ>………フェリ…?」



負の感情に囚われつつあったルートヴィッヒが、彼女の声で我に返る。

そして、彼は俯いてしまったフェリシアに声を掛けてみると、彼女の顔が勢い良く上がった。

ルートヴィッヒは、目を丸くして驚く。

ソコにあったのは、初めて見るフェリシアの怒りの顔だった。



伊「確かにただの夢だけど…でも、どうでも良くないもんっ!!!」

独「!?、フェリ―!」



ルートヴィッヒが呼び止める前に、フェリシアは何処かへ走り去ってしまった。

ポツリと1人取り残された彼は、イライラを含んだ大きな溜め息をこぼす。


何故、あんな事を言ってしまったのだろう…。


顔が上がった際に見えた、彼女の目尻に溜まっていた涙が、目に焼き付いて離れなかった…。





【世界旅行9周目:イタリアの特技】 ―世界は人の数だけ特技がある!―



.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ