とある学園の死闘遊戯 罪

□第02話 病院
1ページ/4ページ


 常盤台中学の超電磁砲。

 御坂美琴が姿を消した。

 その事実が一方通行たちの耳に入るのは、終結から一夜明けてのことだった。

 ここは、第七学区の病院内。

 カエル顔の医者が務めている病院だ。

一方通行「超電磁砲はまだ入院中だったのか」

上条当麻「俺と似たようなもんさ。もう退院できるけど、万が一に備えてもうしばらく、って感じだな」

土御門元春「人工舌も完成し、既に自由に話せてた。来週から、やっと常盤台に戻れるはずだったんだがなぁ」

 美琴は、人体発火事件にて舌を完全に焼け落としていた。

 人工舌の治療と精神治療で入院していたものの、回復には向かっていたらしい。

一方通行「どォ思う?」

土御門元春「今現在多発している“女性失踪事件”との関係性か? 大いにあり得ると思うぜい」

 目の前の扉が開き、二人の少女が顔を出した。

 二人ともが常盤台中学の制服を着ており、片方は白井だった。

白井黒子「ご紹介いたしますわ。こちら、わたくしと同じ常盤台中学の一年生、花一籠目(ハナイチカゴメ)さんですの」

花一籠目「は、はじめまして……」

 質素なヘアピン。

 黒いロングストレート。

 可愛らしい、パッチリとした大きくて丸い瞳。

 そして、小学校低学年ではないかと疑うくらいの低身長。

 おそらく、130p以下だろう。

上条当麻「えーっと、白井さん? その子は一体……?」

白井黒子「彼女は、お姉様のお見舞いに来ていらしたのですが、少し席を外した際に見失ってしまったそうですわ。即ち、お姉様のお姿を最後に目撃した方なのです」

 そこで、廊下の向こうからこちらに向かってくる者がいた。

 垣根帝督である。

垣根帝督「悪い、遅れた。海原はどうした?」

土御門元春「あいつは既に仕事中だ。ここに一番乗りして、さっさと役割を与えてやったよ」

一方通行「勝手な雑談はそこまでだ。場所を移すぞ」







 病院の中庭。

 ちょっとした散歩コースでもあり、休憩スペースも用意されている場所。

 一方通行たちは美琴の最終状況を聞き出していた。

花一籠目「御坂様は、とてもボーっとしていました。いつもは、もっともっと明るかったんですが……」

上条当麻「見舞いに来たときには、もう様子がおかしかったってことか」

一方通行「そもそも、何でテメェが見舞いに来てやがった。そんなに深い仲なのかよ」

 その質問には、白井と上条が答えた。

白井黒子「お姉様の見舞客は、常盤台中学には大勢いらっしゃいますの」

上条当麻「朝と昼間と夕方と夜。ホントはもっと細かいけど、交代制で後輩や同級生、先輩まで見舞いに来てたぜ」

一方通行「……いなくなったのは、一種のストレスが原因なンじゃねェのか?」

 聞いただけで、げっそりとする一方通行。

 自分が美琴だったら、一日でブチ切れるだろう。

花一籠目「お手洗いを借りに席を外したんです。でも、病室に帰ったら御坂様は……」

土御門元春「もういなくなってた、ってわけか……」

垣根帝督「誘拐か、誰かに呼び出されたか。はたまた自分自身の行動か。予想は尽きねえぜ?」

 話し合っていた一方通行たちへ近づいてくる男がいた。

 病院の監視員の格好をした若い男に、土御門が気付いた。

土御門元春「よ、ご苦労さん。結果はどうだ?」

一方通行「………海原か?」

海原光貴「はい」

 監視員の顔を剥ぎ取り、海原の顔を着始める。

 花一が驚きを隠していない中、いつもの海原光貴が姿を現した。

白井黒子「特異の肉体変化(メタモルフォーゼ)ですの。心配いりませんわ」

花一籠目「え、ぁ、はい……」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ