期間限定駄文小説部屋

□染マリ染マラレ君ノ色
1ページ/1ページ




ソーマのビックリしてる顔。


それが第一に目に飛び込んできた。それもそうだよね。普段は任務で失敗ばかりのこの私がソーマを押し倒してるんだから。ちなみに、只今ソーマの腹筋の上に跨がっています。ふにふにと少し強く押せば、堅すぎてなのかなんなのかで直ぐに元の形に戻った。ふむ、堅さは良好だ。


「…おい、退け」


『いや』


「お前、今日なんか変だぞ」


『…そうかもね』


でも、そうさせたのはソーマだよって呟いて、ソーマの腹筋を隠す邪魔な真っ黄色のシャツをぺろりと捲った。やっと会えたね、ふっきんさん。


私の行動1つ1つに驚いているソーマの顔を少しだけ拝んで、また目の前の腹筋に目を戻す。


と、ガプリ。


私はソーマの腹筋に噛みついた。うーん、噛むにはちょっと堅すぎたかな。それでも私はお構い無しに褐色の肌を、正確には腹筋を堪能した。でも、それをされてる本人は黙っちゃいなかった。手で肩をグイグイと押して、私を腹筋から引き剥がそうとしている。ふふん、今回ばかりは負けないよ。腹筋の為に。


「はな、れろっ…!」


『いやだってばー』


「なんで…こんな事…」


こんな事、か。
確かに、普通の、ごくフツーのオンナノコならこんな事しないだろうけど、私はそんじょそこらのオンナノコとは一味違う。いいこと?ソーマ。私は、とってもメンドクサイ女なの。


でも、


『ソーマが好きだから。だから、』


私の愛はアナタに沢山注いでるつもり。だから、


『私をソーマで一杯にしてよ』


染マリマショウ、貴方ノ色二。

あれ、染められてるのは、一体どっちなんだろう





---------------


物凄い腹筋の数(笑)
でも腹筋を愛してるがためなのさ。許して←
ソーマの腹筋噛みたい願望も強いんだけどね←






[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ