Starry☆Sky

□嫉妬と不安
1ページ/7ページ

〜錫也視点〜

朝、教室へ向かうと珍しく哉太が居た。

「哉…」

話しかけようよ思ったが、哉太が楽しそうにクラスの男子と話しているのを見てやめた。

哉太は人気がある。

その人気は2つの意味で…

友達としての人気

そして、何よりも厄介なのは

好意を寄せる者としての人気

どちらも多いうえ

本人は全く気づいていない。

「錫也ぁ‼」

今まで話していた奴らの所からこちらへ歩いて来る。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ