Starry☆Sky

□ 補講授業
1ページ/5ページ

「直ちゃんセンセーおはよー」
生徒たちが続々と登校してくる。

「おーう。おはよー」
教室のドアを開けると黒板消しが降ってくる。
俺はそれを余裕でかわした。

「こんなやつに引っかかるかってーの」
俺は今日の昼ご飯を守り抜いた。

生徒たちが残念そうに片付けを始める。
「昼足りねーよ…直ちゃんセンセー恵んで!!」

「ダメだ!!今日は俺の好物づくしだからな」

「よーし席つけー!!出席とる……」
一瞬の間。
「直ちゃんセンセー?どうしたの?」

「出席簿忘れたーッ!!!」

笑い声がクラス中に響いた 。
「とって来るから授業の準備しとけっ」

職員室に戻り出席簿をとり
走らないように、しかし急いで教室に戻る。

廊下を歩いていると後ろから足音がする。

その足音は速くあっという間に俺を抜かしていった。

俺はすかさず

「七海ィー!!廊下は走るなー!!」

「げっ…陽日センセ!?」
七海が慌てて振り返った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ