感謝感激!

□ダンボール少女と皇帝少年と水槽少年と
1ページ/8ページ

設定………
・主人公は神谷重工第一令嬢、つまりコウスケの妹
・ジンと内緒で付き合ったりする










………今までのことを振り替えよう。





学校帰りに、自称私の父の会社の研究員が私を一発殴って………





あれ?なんで研究員だって分かったの?
殴られた後は気絶して……



目が覚めたのは二度目の衝撃で………




強化ダンボールの中に入れられたんだ!
で、今に至るのね。




「この中、一体何が入っているんだ?」
「さぁな、企業秘密らしいぞ」



「強化ダンボールの中でもちゃんと丁重に扱えよ、そいつは貴重品であって割れ物なんだ」



聞き覚えのある声。
そうだ、これはナルシ兄貴の声よ。


誰が貴重品で割れ物よ!……確かにそうだけども。


…ということは、私はダディの研究所にいるの?
しばらく抵抗せずに、様子を見ていこうと黙った。




三度目の衝撃。


ダンボールin私はどうやら机の上に乱暴に置かれたみたい。
おいおいおい………!貴重品で割れ物なのに丁重に扱う気ないでしょ………!



「灰原ユウヤ、見えるか?」


しばらく話を聞いてみる。
でも、何故私がダンボールの中に閉じ込められたのかは分からない。


おそらく灰原ユウヤ、という人物に関係がありそうだけど、彼らしい声は一切聞こえない。




「では開けるか………


まったく、こういうことをしなければ話を聞かないらしいからな」




ガムテープを剥がす音。
それと同時に光が射した。




小さい空間から抜け出した瞬間、人と目が合った。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ