ほっと

□風
1ページ/2ページ

外からの風が心地よくって


少しだけ開けておいたの


そしたらいつの間にか


寝ちゃったみたいで


結構強い風で目が覚めて


窓の方に目をやる


外は暗くって


家には1人


窓のカーテンが


床に雑に置かれたものに


あたる


不規則だし


風の音もする


カツンとか、カサカサッとか、


ビュオーとか、バサバサッとか


『誰かが歩いているみたい』


なんて変なこと想像しちゃったら


もう…


怖くって怖くって


さっきから後ろばっかり振り向いてる


誰かが這ってくるような…


木の揺れる音なんかも


聞こえて来ちゃって


怖さ倍増


窓を閉めに行こうにも


顔が向くだけで


身体は動かない


チラチラと振り返りながら


俺どんだけだよって思いながら


自然とケータイに手が伸び


自然と愛しい人の電話に


かけていた


.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ