ぬらりひょんの孫長編

□#2 家族の過去って、意外と知らないんだよね。
1ページ/3ページ


結局、あのあとリクオはおじい様になんかされて布団の中。いまだに目を覚まさない状態。氷麗ちゃんや紀乃がずっと付いてくれてる。

『・・・・・おじい様キツくね?姉さんちょっとプンスカだぜ』

氷「そうですよね・・。いくらなんでも実の孫に・・。ちょっとヒドイと思わない?」

毛「そうねぇ・・・」

と、廊下からバタバタと足音。
バンッ!!と勢いよくダイナミックな入室を決め込んだのは首無。

首「あ、お嬢・・・じゃない!おいお前ら!リクオさまを匿え!」

毛「な、何よ首無・・」

首「いいから!来るぞ・・化け物が・・!」

『?なんだってんだ一体・・』

首「それが・・「「悪ぃ子はいねがァァ〜・・・・」」!!?」

『・・・・』

氷「な、何コイツら・・・!」

やたら顔の面積がデカイ妖怪。
なるほど確かに化けモンだ、佳澄は思った。
と、そうしている間に2匹の化け物はリクオを担ぎ、どこかに連行しようとしていた。

氷「ちょ!その手をどけなさ「「邪魔する悪ぃ子は・・おめえがァ〜??」」ッ!ひいいい!!?」
ガッ。
リクオを担いでいたほうの化け物の腕に掴まれている感覚。

『残念、アタシだ』

「「あァあ〜?おめえどっがで・・・」」

『一体、ウチの可愛い弟、どこへ連れてくってんだい?教えてくれよ』

「「遠野だがァ。おめえん家の大将がいいっつったべなァ〜」」

『おじい様が・・。ふーん・・じゃあしゃーねーか。良いぞ、行って』

氷「えっ!?いいんですか佳澄様!!?」

『良くないよ。姉さん尋常じゃないくらい心配だ。でもおじい様が言ってんだもん、下手に動けないよ』

氷「・・・・」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ