メイン

□どりーむからー(蘭拓)
1ページ/2ページ

「なぁ、神童」
「何だ?霧野」
幼馴染の霧野とはとても仲が良く、大親友だ。
俺も霧野も同じサッカー部。
部活の事でも話ができるし、同じクラスだし、たくさん話せるからとても仲が良い。
第一、霧野の話はとても面白く、聞いてても飽きない。
だから、霧野は友達が多い。
そこの点では少し、羨ましいが…
「なあ!お前、必殺技とか考えてる?」
「必殺技ってサッカーの?」
「そう!でさ、いい名前があるんだけど…」
「名前だけ…?」
「別に、内容は神童1人でも考えられるだろ?」
「まあ…」
「だから、俺の考えた名前に合わせて作って!」
合作だぞ!と言って、ニコッと笑った。

「フォルテッシモって言う、名前はどうだ?」
「フォルテシモじゃなくて?」
「違うの。神童、ピアノ弾けるだろ?だから、音楽関係にしてみたんだ。どう?」
「いいとは思うけど、霧野何でフォルテシモじゃなくてフォルテッシモ何だ?」
「響きが、いいから。フォルテシモだったら噛みそうじゃん」
「で、何で元になるのがフォルテシモって名前なんだ?」
「神童も知ってるだろ?メゾフォルテ、フォルテ、フォルテシモ…って」
「ああ…」
「フォルテシモってどういう意味だか、わかる?」
「えと…最も強く…だろ?」
「そう!だから、そう言うこと。
最も強いシュートってことだな!!」
「なるほど…それ、いいぞ!フォルテッシモ!」
「だろ!」(ドャァ…)
「じゃあ、どんなのにするか考えるな!」

こうして、フォルテッシモはできたのである(妄想爆発)
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ