ソロモン72柱〜悪魔使いになるために〜

□悪魔探し一日目
1ページ/4ページ

正式に考えて悪魔探し二日目。
ゲームの開始日時では一日目。



8月18日、時刻は午前6時。


私は見慣れない一室で目を覚ます。
いや正しく言えば、昨日の夜に始めて見た、私の新しい住居で目を覚ました。





見留「やっぱり慣れてない部屋だと、いつもより早く起きちゃうな〜」



寝起きの私の行動、起きてから5分以上はそのままボーとする。
そして、5分過ぎたのに気付くと顔を洗いに行ったりと、色々準備を始める。



とは言っても、今日はまだ夏休みだ。




見留「もっっと寝たぁーい!!」



?「あんまりだらけてると、終わった後が辛いよ、見留。」


見留「(゜д゜)」



いつからだろう、私の後ろに不審者が配置されたのは。



見留「オイコラ、なに人ん部屋勝手に入ってきてんだぁ!Σ(´□`;)」


そいつは私の知り合いの青年で、名前は拓海。





拓海「別にいいじゃん。知り合いなんだし。」



見留「そういう問題やないって。……てかどうやって入ってきたの!?」


拓海「壁すり抜けて。」


見留「なるほど貴様は悪魔か何かか。」



拓海「……」




いきなり拓海が黙り込んだ。
そして何度か私の顔を見上げたり顔を背けたりと繰り返すと、突然息を大きく吸って、おもむろに言った。


拓海「俺…悪魔なんだよね。」





見留「………うん、知ってる。」


拓海「えぇ!?Σ(´□`;)」


見留「うん、知ってる。(*´∇`*)うふふ」



はい、今知りました。
私はポーカーフェイスなので上手く騙せました。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ