ソロモン72柱〜悪魔使いになるために〜

□悪魔探し一日目
3ページ/4ページ

見留「ところで、本当にどうやって入ったの?悪魔って本当に壁すり抜けられるの?」



拓海「いや、できるわけないじゃん。普通に隠し通路使ったに決まってるじゃん。」



どうやらこのマンションには、プライバシーを色々否定した隠し通路があるらしい。



見留「とりあえず拓海。何しにここに来たか、理由を教えてよ!」


拓海「………とある人に頼まれたんだ。」


見留「…?とある人って?」


拓海「……詳しくは言えない。ただ、見留のよく知っている人だよ。」


拓海はそれだけ話すと、人ん家の冷蔵庫から勝手に麦茶を取り出してコップに注ぐ。





見留「だから勝手に何やってんのよ!?」


拓海「うーん…まぁ、そんなに気にすることじゃ無いだろ。これから悪魔探しのパートナーになるんだから。」








見留「えっ?」



今なんつった?…こいつ今何て言った?

ポカンとしていると、拓海が私の顔の前で手をヒラヒラさせる。



見留「パ、パートナーって…悪魔探しのパートナーって……どどういうこと!?」



そう動揺しまくって訪ねると、拓海は落ち着いた様子のまま、ゆっくりと説明し出した。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ