III

電車に乗って着いたのは

真っ暗な無人の駅

そこには

キラキラと輝く欠片が

暗闇に散っていた

私は、ただただ誰かが来るまで

欠片を集めていた

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ