LIFE is…

□いつまで…?
3ページ/4ページ

〜大野 智〜

ダンス室に戻ると、相葉ちゃんが椅子に座り込む周りに、三人が集まっている。
何かあったのかな?
声を掛けて小走りによって行くけど、何も言ってくれない。
みんなの様子がおかしいと思うけど、四人で解決してるなら、俺はいらない、か。
…話してもくれないんだ。
ダメだ、みんなの顔が見れない、悲しすぎる。
やる事ないし荷物とって帰るか。壁際に置いたバックまで歩く。
「っおーちゃん、MAに戻るのっ?」
ニノが俺を追いかけて来て、相葉ちゃん、松潤、翔くんも周りに集まった。
何この状態。俺、つるしあげくってる?
「…ぁ?」
俺なんで、囲まれちゃってんだ?
「あんた、どういうつもりなの?」
って、松潤。あんた、呼ばわりか。俺、先輩ですよね、仮にも年上ですよね?
…でも、俺ってそういう事昔っから、言えないんだな。
「どういうって、何が?」
「トボけんなよっ!」
松潤怒っている?なに?一体何があったの?
で、翔くんを見る。助けて、翔くん!
「智くん、さっき社長となに話してたの?」
なんで、社長室にいた事、知ってんだろ?
あれ?もしかして、俺、トラブル起こしてる?
「俺、何もトラブル起こして無いよ?」
「そもそも、あんたがトラブルの元なんだろ!」
俺ぇ?えぇっと、どういう意味なんだろう?
もしかして、俺の事で誰かから、何か言われたんだろうか?
あぁ、ごめんみんな。悲しくて、申し訳なくて、みんなの顔が見れくて、斜め右下を見る。
「…俺が嵐にいたら、迷惑って事?だよね?」
何も返って来なくて、目だけ上げると、何故か四人とも絶句している?
「…やっぱりみんなも、五人目の嵐は、俺じゃない方が、いいんだよね?」
顔をあげて聞くと、四人とも口をパクパクしている。



〜嵐〜

「みんなちょっと座ろうか。いい機会だし、思ってる事話そう?」
櫻井が言う。
大野は壁を背にし、五人はその場に車座に座わる。
「ごめんね、おーちゃん。社長との話し立ち聞きしたの、俺なの」
相葉がまず謝ると、大野は許した。
「いいよ。恥ずかしいな。弱音吐いているとこ聞かれちゃったんだ?」
自嘲気味に微笑む大野を、四人は見つめている。
二宮が聞く。
「弱音?社長に?」
「う〜ん。弱音ってか愚痴ってか?」
松本が聞く。
「で、結局なんて言われたの?」
「余計なこと考えないで、言われた事だけやってろ、だって」
櫻井が聞く。
「余計なこと、って?」
「……ね?もしかして俺、つるしあげくってる?」
いつの間にか車座が壊れ、一対四になっている。
大野の右手側から、松本、相葉、二宮、櫻井の順に座っていた。
相葉が言う。
「『いつまで、あの四人のW手伝いWすればいいんですか?』」
とたんに、大野は黙った。
感情を入れないように櫻井は言う。
「手伝いって、レコーディングの経緯の事だよね?もしかして、まだ手伝ってるつもりなの?」
松本がぶっきらぼうに聞く。
「俺たちの事、どう思ってんの?」
相葉は確認するように問う。
「世界中に嵐を巻き起こすんだよね?」
二宮はキツく問いただした。
「 五人目の嵐、って何?どういう意味?」
大野の謝罪の言葉が、雄弁に語っている。
「…ごめん」
櫻井ががっくり肩を落として言う。
「やっぱり、手伝ってる、気なんだね」
「…四人が売れたら、お役御免で、俺はまたどこかの手伝いに借り出されるだけ、の存在で…」
「そんな筈無いでしょ!」
社長の、大野を騙すための言葉が誤解させ、彼を苦しめていた事を四人は理解した。
「人の言う事どんだけ信じちゃう人なの?お人よしすぎですよ。だいたい、嵐に何番なんてないでしょう?」
「ニノが一番目だよ。だって、そう書いてあったし…」
「どこに?」
「デビュー会見の次の日の新聞」
確かに、記事ではそうだったかもしれない、と二宮ほかメンバーは思った。
相葉は淡々と話す。
「最後に話しされた俺が五番目でしょ。おーちゃんじゃないよ?」
二宮は最初静かに話し始めるが、後になると感情的になって行く。
「俺は、大野さんが一番目だと思うよ。だって、歌も踊りもダンチなんだから!俺たちとじゃ、レベル落として合わせてるじゃない?俺が、それでどんだけ悔しいか、分かる?」
「バランスとるのは当たり前じゃん。ニノのが、みんなに受けるダンスだと思うよ。俺はアピール下手だ…から」
「違う、違う、違うっ!俺らに合わせることで、MAメンバーと踊ってた時みたいに、大野さんの実力を出させてやれない事が悔しいの!」
二宮の、思ってもみない言葉に、大野はかける言葉がなかった。
「俺たちを前に出して、後ろに引っ込んでんのって、どうゆー気持ちなの?優越感持ってんの?憐れんでんの?」
松本の言葉は、大野には衝撃だった。
「そんな事思った事ない!前に出ないのは、苦手なだけだよ。みんなの話聞いているのが楽しいし。それに、かわいい松潤が映っていた方が、ファンの子達も喜ぶだろ?」
「俺は!可愛くなんかないよ!おーちゃんのがかわいいじゃんか」
「そんな事ないよ。やっぱし、三歳の開きは大きいとおもうよ」
どちらもその事に関しては納得していない。
「だけど、全然年上感ないよね?僕らの事、怒んないし」
「言動でいうなら、松潤が一番上っぽいよ。常識人ていうか、頭が堅いっていうか」
「相葉ちゃん、それ、ほめてんの?けなしてんの?」
「ほめてます!」
櫻井が大野に言い聞かすように、悟らせるように話す。
「前から社長が智くんの辞意を認めなかったのは、実力を買っているからで、嵐デビューのひきがねは智くんだと、僕は思ってる。だって、智くんが一緒だからOKしたんだから」
「俺もですよ。どうせデビューするなら、尊敬する人と一緒って嬉しいですよね?」
二宮が櫻井に問いかけると、櫻井は笑って応えた。
「一緒に嵐を巻き起こすんだよね?」
何度も相葉は確認するように問う。
「誰かが売れればいいんじゃなくて、五人で楽しめばいいんだよ。」
「…迷惑だからやめろって、言っていいんだよ?」
「むしろ、迷惑っていうか世話掛けてんのは俺たちでしょう?お手伝いしてもらっていたんだから?大野さんが抜けたら、俺たち困りますから!だって、大野さんの活躍見られなくなっちゃう。知ってますよね?俺が大野智のファンだって?」
「僕もだよ。知っているよね、僕も大野智のファンだよ?」
それでも頑な大野。ここで押しておかないとまたこんな事があるかもしれない。そう思った櫻井は、言う。
「智くん、実は君を騙している事があるんだ」
「えっ?翔ちゃん、言っちゃうの?」
三人の慌てている様に、四人が一緒になっているらしい事が見て取れた。
「リーダージャンケンの事だけど」
「「「ああ〜!」」」
「あれ、勝っても負けても智くんだったんだよ」
「……え?」
「少年隊公認のズルだから!」
「え?なんで、そんな事…?」
「どうしても智くんにリーダーになって欲しかったんだ」
「年上だから?面倒事を押し付けようと?」
「違うでしょ?嵐のリーダーは大野智しかいないと思ったからです!」
「東山さん達もそう思ったから、協力してくれたんですよ」
眉尻を下げて、困惑の表情の大野。
「社長の言う事は鵜呑みにして、俺らの言う事は信じないの?」
暫くして、大野は漸く口を開く。
「…おいら、みんなと同じで、嵐でいいの?」
すがるように、聞いた。
「五人で嵐だよ?誰かが欠けたらもう嵐じゃないんだよ」
「僕ら五人で嵐、やって行こうね?いつまで、も!ね?」
「…いつまで…も?」
「そうそう!共に白髪の生えるまで!俺らは運命共同体だから!」
「死ぬまで?」
「死んでも!」
「重いなぁ〜」
「ダメダメ、もう逃げられないんだから!騙されてたとしても、クルーザーに乗ったんだから!」
「…気持ち悪くなったけどね…」
小さな声がした。
「誰の言葉よりも、僕たち嵐の言葉を信じよう?てか、信じて?」
一際元気で大きな声が響く。
「そして楽しんで行こう?色んな事をやろう?沢山の人を巻き込んで!」
相葉は、沢山、で大きな円を描いた。相葉の言葉を受けて、松本が続けた。
「巻き込めるように、努力しよう」
「おっ、真面目。さすが堅物」
「ケンカ売ってんのか?買うよ?」
「御冗談!売ったりしてません!」
「じゃあ、俺が売ってやってもいですよ?」
「御冗談!買いもしません!」
二宮が拳を振り上げ、相葉に迫る。
「やめて、アイドルだから顔はやめて!」
顔をブロックした相葉。
「では、顔じゃなく…こちょこちょこちょ!」
の空いた両脇をすかさず、二宮の両手が襲う。
「ぎゃひ〜〜、っひっひ!や〜め〜て〜!」
相葉は転げ回って逃げる。二宮は追いかけて行く。
みんな、笑顔になってそれをみていた。
なんとなく、済し崩し的に終わった会話。
四人はちらりと大野の晴れやかな笑顔を見た。















































Thank you for coming!

ALL UP !2012.11.24 0:50

2012.11.29 20:50 改
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ