東方彼岸花〜いつか訪れる結末へ
いつか訪れるその瞬間をけして忘れていた訳ではない。でも、考えたくなかった。アナタが私の側から消えるなんて。でも時は残酷に、止まることなく刻まれていく。なら、どうすればいい?その瞬間が訪れるまで、私は指を加えて待つしか出来ないのか?……解らない。答えを教えてよ……。ねぇ、『 』

『 』の最期を書き記す者
『 』の物語の終着点
メッセージ

難しいことじゃあない筈だ。誰にだって出来ることの筈だ。私はもう、解っている筈だ。

歩きだせ、前を向いて。走り出せ、涙を拭いて。
アナタが居ないこの現実【セカイ】を受け止めろ。

アナタが残してくれたもの全て、私はずっと大切にする。

さようなら。今まで私といてくれてありがとうございました。


最愛の『 』


ブックマーク|教える
訪問者315人目
最終更新日 2013/06/03




©フォレストページ