MORE(ロー長編)【完結】

□no.15
1ページ/1ページ

甲板には戦闘体勢のクルーのみんながいた。


そして海軍の船は間近に迫っていた。


「みんな、ちょっとだけいいかな?」


「ん?カブトムシ?ここは危ないから奥にいろ」


「わたしにやらせて」


「「「はぁ?」」」


わたしはクルーの間を抜けて甲板の真ん中に立った。

ローも甲板の端にやってきた。


「「「船長!!」」」


「船長、カブトムシが!」

「いい 見ててやれ」


すると間近にいた海軍の船の1つがこの船にくっつけて海軍が乗り込もうとしてきたときだった。


わたしは覇気を使った。


その一瞬で海軍一隻の海軍兵はみな倒れ込み、誰1人この船に乗り込んでこれなかった。


そして逆からも海軍の船がくっつけようとしてきたが、わたしは海軍の船に自ら乗り込み覇気を使った。


もう一隻はこの船にくっつけることもできず海軍兵は倒れ込んだ。


わたしはさっと自分の船に戻り、三隻目を待った。


三隻目はどんどん大砲を撃ってきた。


「「「船長!!!!」」」


「あいつに任せとけ」


わたしは飛んできた大砲を覇気で跳ね返した。


そしてわたしの跳ね返した大砲で三隻目は海へと沈んでいった。


四隻目はこの船に海軍兵が乗り込んできた。


もちろん狙いはわたし。


そしてロー。


わたしに向かってくる海軍、ローに向かっていく海軍。


わたしはローのもとに向かった。


そしてわたしとローは海軍兵に囲まれた。


「作戦通り♪」


わたしは覇気を使う。


そしてわたしたちを取り囲んだ海軍はバタバタ倒れ込んだ。


しかしわたしは見逃さない。


四隻目の中にまだ誰かいる。


わたしは四隻目の船に向かう。


「誰かいるんでしょ」


わたしがそう尋ねる。


するとただの海軍とは違う威厳のある男が出てきた。

「ほぉ。ハートの海賊団にまさかこんな女がいたとは知らなかった。トラファルガー、お前も趣味悪りぃな。乗せるなら普通の女にしとけ、なんだこの女は?」

そしてものすごい勢いでローに向かおうとしたときだった。


わたしはその男の前で立ち止まる。


「あのさ、ローは病人だからわたしが相手する」


海軍の男は刀を抜きわたしをめがけてきたが、わたしは見聞色でその刀を避け続けた。


そして海軍の男が少し隙を見せたときだった。


わたしはそこに蹴りを入れた。


男はよろけた。


そしてわたしはそこがチャンスと思い、覇気を纏いその男のあごを蹴り上げた。

男は宙に舞い、ドタっと倒れ込んだ。


少しだけピクッと身体を動かし、わたしを見た。


「きさま…何者だ……」


「ここのクルー」


そしてローに向かって聞く。


「ロー、この人どうする?」


「そのまま海に投げとけ」

わたしは動くのもままならないその男を担いで海へ向かった。


「ローに手、出さないで」

そう言ってわたしはその男を海に返した。


そしてローは


「海に潜れ 追っ手がくるまえに逃げろ」


そう言ってわたしたちの海は海軍の船を残し、海の中へと向かった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ