MORE(ロー長編)【完結】

□no.17
1ページ/1ページ

わたしはあれから数日後、新聞に載った。


“ハートの海賊団に謎の女、海軍の船を沈める”


しかしまだレイリーの娘だとはバレてなかったみたい。


わたしはあの日以来、戦いには喜んで参加した。


ローにはやりすぎだ、とよく言われた。



わたしはこの日、ベポと一緒に甲板で魚釣りをしていた。


「カブトムシ、船長がこいって」


ペンギンがそう言った。


「はーい\(^^)/」


そう返事をして釣竿をペンギンに渡した。


「ペンギンさん、後はお願い♪」


「は?俺は釣りなんかしてる暇はない」


そう言われたがわたしは船長室に向かった。


わたしはローの部屋をノックもしなくなった。


「ロー?呼んだ?(*^^*)」

ローはわたしがノックしないのにあまり気にならないみたい。


「あぁ」


そしてある記事を指差す。

わたしはその記事に目をやる。


“ハートの海賊団の謎の女はあのシルバーズ・レイリーの娘 シルバーズ・カブトムシであることがわかった”


「まぁ しょうがない お前がやりすぎるからだ」


「ぁ〜(;_;)ついにこの日がきてしまった(;_;)ロー、どうしよう(;_;)」


「なんだバレてもよかったんじゃねぇのかよ」


「バレてもよかったけど、もし運良くいくならバレない方がよかったのにな(;_;)」


「まぁ、こっちの方がレイリーには早く会そうだがな」


「絶対怒られる…」


「それより、今日からここで寝ろ 船長命令だ」


「はぁ?なんでー(--;)」

「お前、自分がレイリーの娘だとバレてどういう立場になってんのかわかってんのか」


「確実にみんなが狙ってくる……」


「だからだ」


「え(´・ω・`)?」


「だからだ ここは船の一番奥の部屋で、俺がいる部屋だ この船でどこが一番安全か考えろ ベポの部屋なんて外で寝てるのと同じ様なもんだろ」


「でも…ローと一緒に…?」


「なにお前?期待してんのか」


「してないし!!(__)」


「お前みたいに俺は飢えてない お前と一緒にすんな」


かっちーん


「はぁ?何、その言い方?ローなんかとしたいなんてこれっぽっちも思わんし」

「俺は女に不自由してない 心配すんな」


かっちーん


「ロー最悪!!(-_-#)ヤリチン野郎なんか知らん!」


わたしは船長室を出た。


「船長命令に従わなかったらバラすからな」


わたしは無視して甲板に向かった。



釣りを続けていたベポの横に座る。


「おかえり〜♪」


「ベポ…(;_;)」


「カブトムシ、どしたの(´・ω・`)? キャプテンに嫌なこと言われたの(´・ω・`)?」


「ロー…最悪な男だ……」

「キャプテンはすごい人だよ♪強くて、かっこよくて、仲間を大切にしてくれて、頭もよくて♪」


「ベポは女の子好き?」


「おれはメス熊が好きだ♪(*^^*)」


「ベポ〜」


わたしはベポに抱きつく。

「わたし、やっぱりベポがいい(;_;)♪」


「カブトムシ?」


「船長命令無視する」


「なに船長命令って(´・ω・`)? 船長命令は絶対なんだよ〜」


「いいの♪わたしはベポがいい(*^^*)」


「なんだよー♪おれもカブトムシがいい♪」


そしてわたしはこの日、船長命令を無視してベポの部屋で寝た


のだ………………………

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ