PSYCHO-PASS

□エゴイズム
1ページ/1ページ












「全部他人本位だわ」



うーん、と背伸びをしながら名無しさんが退屈そうに呟いた。

鈴を転がしたような声音に大人びた口調。
眠そうな目を細めながら唇を尖らせる。



「思考も行動も全部」



膝の上に置いた端末を隣に放り投げる。
音もなくソファに横たわったそれには、血塗れの遺体が映し出されていた。
遺体、というには原型を留めていないが、はみ出した眼球や切れ切れになった髪がはっきりと見て取れる。

彼女はもうそれを見ない。



「自らの意思に基づいて行動する人間なんて本当にいる?」



名無しさんは疲れたように横たわった。
隣に座る彼の膝に頭を乗せる。

頭上には本の背表紙。
顔の隠れた槙島を見上げ、つまらなそうにタイトルの印刷された厚紙をノックした。



「世間普通の人たちはむずかしい問題の解決にあたって、熱意と性急のあまり権威ある言葉を引用したがる」



名無しさんは唄うようにそう言って、足をぱたぱたと動かす。
愛撫を要求する猫のようにじぃっと彼を見つめた。



「ショーペンハウエルかい」



うん、と名無しさんは頷いた。
染めたことのない黒い髪が流れる。

冷たい空気の流れる部屋で、吐息の音すらはっきり感じられるような静寂を吸い込んだ。



「本を読んで吸収したことなんて、自分の意思じゃないんじゃないかって思うの」
「ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、しだいに自分でものを考える力を失って行く。か」
「それ」



槙島が本を閉じた。
見下ろした先に彼女の顔が見える。

手を伸ばして、名無しさんが本を奪い取った。
分厚いそれを胸に抱え込むと、手持ち無沙汰の彼女はぱたぱたと表紙を捲り、弄くる。



「作者はこの言葉を引用しろなんて言わないだろう」
「……たとえどれだけ引用したって、それはここを引用するっていう自らの意思に基づくものだと?」



首を傾げた。



「それなら、模倣犯も同じじゃない?誰々のようにになりたいっていう意思な訳でしょう?」



名無しさんは足元の端末を鬱陶しそうに蹴り飛ばす。
軽い電子板はカーペットに柔い音を立てて落ちた。

それを一瞥し、槙島は笑う。



「水掛け論かなぁ」



鶏卵論争だわ、と飽きたように吐き捨てた。

アンバーの照明に光る名無しさんの眼球が、くるりと彼を見据える。



「聖護、貴方は何のために生きてるの?」



本を胸に置いて、手を伸ばした。
槙島の透き通った髪に触れ、指に巻きつける。

彼は揺れない目で名無しさんを見て、ふと口角を上げた。



「君の為かな」
「気持ちの悪い冗談言わないで」



伸ばしていた手で頬を軽く叩く。
名無しさんは逃げるように身体を起こして、ソファの背凭れに身体を預けてそっぽを向いた。
それを槙島は対して気にも留めず、愛猫に引っ掛かれたような顔で笑う。



「みんな誰かに基づいてるくせに、生きることだけは自分の為なのよね」
「そうかな。生存意欲は他者に関する理由に基づくと思う」
「ふぅん?」
「生に対して自分本位になるのは痛みや死後の世界への恐怖からだ。1人で漠然と生きている人間には生きる理由がない」
「……みんな、死なないために生きてるの」



ふぅ、と息をついた。

踵でソファを蹴る。



「それって、とっても、退屈」



暫く遠くを見つめていた名無しさんが、いきなり顔を輝かせた。
妙なことを思いついた時の表情。



「人間が飼いたーい。私も何か観察して分析して見届けてみたい」



ペットを強請る幼子のように甘えた声を槙島へ投げる。
彼へ向き直ると、投げ出していた脚を持ち上げてソファへ乗り上げてしまう。
不気味なほど整った顔をずいと近づけた。
彼の腕を絡め取ると、抱え込んで肩口に頬を押し付ける。


欲しいものを頼むとき名無しさんは決まってこう擦り寄ってくる。
映画も本も電子機器も、食べたいものも、全部。
それを槙島が断らないことを知っていた。



「どんな人間がいい?」
「えっとね……なんにも知らなくて意思がなくて、真っ白で、誰よりも幼い子。そんな子に何か与えて……あれ、」



言いながら、スイッチの切れたアンドロイドのように固まってしまう。



「……そっか」



ぽつりと呟いた。
次いで、笑い出す。

そんな彼女の考えを理解した槙島が、反対側の腕で名無しさんの頬に触れた。
するすると滑る肌を撫でる。



「きっと読書好きの子が生まれるわね」
「本人の意思に任せるよ」



くすくすと笑いながら名無しさんは槙島の肩を押した。
膝に乗せていた本が落ちる。

自分に覆い被さってきた彼女の顎を持ち上げると、擽ったそうに目を細め、それから閉じた。













.



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ