例えばこんな恋

□First.
1ページ/4ページ

それは日の光に目が眩むような朝だった。


ケータイのアラームよりも早く起きた俺は何時もより余裕のある朝を過ごしていた。
あくびを噛み殺しながらコーヒーを淹れ、テレビをつけて眺める。
開け忘れていたカーテンを開け、窓を開けると爽やかな風が入ってきた。

「んーっ、いい朝だ!」

そう言って伸びをした瞬間だった。
ピンポーン、とインターフォンが鳴った。

「誰だよ、俺の朝のくつろぎを邪魔する奴は…」

とかぼやきつつ画面を確認しに行く。
その間もインターフォンを鳴らし続ける訪問者。

「はいはいはいはい、少しはまってくれよ…」

画面を確認するとそこには見慣れた少年の姿があった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ