DREAM

□にろ
1ページ/1ページ




にろくん、にろくん。あのね、





そう笑顔で俺に駆け寄ってくるのは、名前さん


付き合って半年くらいになるけど
相変わらず、なんつーか

可愛い、と思う。



「二口ですってば。」


訂正はしながらも、怒る気はない。

彼女に、にろくん、と呼ばれるのが
慣れたのもあるが

こうも可愛く呼ばれると
悪くないなと思ってしまう。



駆け寄る名前さんの手を握ってやる。



「冷たっ!
なんで手袋とかしないんすか!」

12月ということもあり、手袋をしていない彼女の手は当然冷たい。



右の手袋を名前さんに貸して、
左手はそのまま繋いだままにする。






名前さんは少し驚いた顔をすると
すぐに、あのへにゃってした笑顔を浮かべて言うんだ。


「寒いのはやだけど、にろくんと手繋げるのは嬉しいね。」



体冷やしちゃダメっすよ、とか
ちゃんと暖かい格好してください、とか

本当はこういうことを言おうとしたのに。











「にろくんの優しいとこ、好きだよ。」




大好きな、あのへにゃって笑顔で言われたら

何も言い返せないじゃないっすか。







(にろくん、にろくん)
(はい?)
(あったかいね)
(…そっすね)

**************

読んでくださり、ありがとうございます!

キャラがよく掴めてない←

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ