*K 短編*

□貴男じゃなきゃ駄目なの・・・
1ページ/1ページ

初めて体を合わせたのは確か15の時だった。



痛みと初めての快感で自分が自分で無くなるようで恐かった。



でも、貴男の体温を感じて安堵した。



一人じゃないと分かったし



好き、と言えば俺もだ、好きだ、って返ってくるのが嬉しかった。



なのに、



なんで?



なんでいなくなってしまったの?



「あ、あ、あ、あ、あ、あああぁぁぁあああああ!!?」



居なくならないっていったのに!



置いてかないって言ったのに!



一人にしないって言ったのに!



「嘘吐き!」



でも、すぐに会いに行くからね?




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



はい!



猿ちゃん。狂ってしまいました。



尊さんが狂うほどに好きな猿ちゃんでした。




 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ