HQ/影日

□You true like person?
1ページ/2ページ

俺は、日向が好きだ。

好きなのに、日向は。


【You true like person?】



『……その…付き合ってほしい…っていうか…』



そんな歯切れの悪い告白をしたのは日向だった。

そのとき、俺を渦巻いていたよくわからない感情に名前が付いた。



「日向が好き」、だった。


その名前はストン…と心に浸透して、

『…いいですよゴラァ』

ちょっとした照れ隠しの付いた言葉で返した。


*



それから、1ヵ月が経つ。

俺達はピンピンのバレー部員だしバレーバカだし、なかなか「コイビトらしいこと」はできない。

だから、許された合間を縫って、できる限りの「コイビトらしいこと」はした。


不意に手を繋いだり。


小さな身体を抱きしめたり。


ふわふわな橙の髪の毛を撫でたり。


誰もいない道路で密かに2人で帰ったり。



全てのことが、「コイビト」になった俺達にとって新鮮なことで、そして、当たり前になった。



しかし、実は、1つだけできてない「コイビトらしいこと」がある。


それが…キス、なのだ。

やろうと言い出したとき、日向は不思議な言葉を紡いだ。


『おれ、本当に好きな人としかキスしたくねーから』


その言葉は、酷く俺を不安にさせた。

俺は、表面だけの「コイビト」なのか。

日向には別に恋人がいるのか。

日向が本当に好きな奴は誰なのか。


思い付く可能性や疑問は耐えない。


出来る限り答えを見つけようと先輩達に聞いても、

「…え?影山じゃないの?」
と当たり前に返すばかりだ。

*



「誰なんだよ…っ」

頭を抱える。


本当に、あいつは俺のことが好きなのか。

ただ遊ばれてただけなのか。


「…いやだ…信じたくない…!」

日向が、あいつが。

『おれ、こいつの方が好きだから』

「やめろ……!!」

『こいつが、本当に好きな人だよ』


そういう、ありもしない状況を考えるくらいには不安な心境だ。

最も聞きたくない言葉が日向から出ることを考えたら、視界が黒く染まった。



*



「影山!!」

「へ……おわっ!?」

頭に衝撃が走る。ボールが当たったようだ。


「大丈夫か?」

「…………はい」

順番を待つため、ふらふらとコートを出ていく。



「気をつけろ、って言っても…」

「影山、絶対意識上の空だよね」

「なにをしたんだ、日向…」



「…おい!影山!」

「…………」

休憩途中、日向が話しかけてきた。

やめろ、これ以上…


「なんか今日可笑しいぞ?」

「……わり…」

「…今日、部室で話したいことがあるから、先終わったら待っててくんない?」

「ああ…」

くそ…こいつ…!

突き飛ばそうとしてもできない辺り、俺はこいつのことが好きなのだと分かった。

でも、日向は…




*


「…ごめん、遅かった?」

鍵を先輩から貰い、自分が着替えた後、日向が部室に帰ってきた。


「いや、遅くねーよ。俺もそこまで早く部室きてねーから」

「そっか、良かった」

「…で、話ってのは?」

「お前、最近様子変だぞ?」

「ぼーっとしてたり、トスミスしたり…なんかあったのかよ?」

「…いや、なんでも…」

「…ないじゃないだろ?」

「………」

「前、風邪拗らせて倒れるまで部活来てたくらい、今の影山我慢してる」

「…なんか、分かるんだよ」


日向がにへっとやわらかく笑う。

ああ、見れて、良かった。

だが、俺は。


「…やめろ…近づくな!」

「っ…!?」

無意識に突き飛ばしていた。



日向が驚いた顔で見上げる。

「…な、んで」

「…我慢我慢言って…何が分かんだよ!!」

「そういって俺を遊んで!!!」

「一体、何が楽しいんだよ!!!」

「……かげやま?」

「大体…俺がキスしたいって言っても『本当に好きな奴しかしない』って…」

「お前の本当に好きな奴って誰だよ!!」

歯止めが効かなくなって、口から容赦なく零れる。

俺の本心が、ダムのように塞き止めていた感情が溢れる。


「………っ」

「…本当に好きな奴がいんなら、俺なんか…に…」



不意に頬に触れる、未体験の感覚。

ちゅっ、という音色。

これは、まさか。


「……本当に好きな奴なんて、影山しかいねーよ」

唇が触れた…そう、日向のキスだった。


「…おれ、ずっと恥ずかしがってた」

「…キスなんて、男子同士でやることじゃないって」

「…だから、あんな嘘ついた。好きな奴なんて、影山しかいないのに」

「…それが、影山をこんなにも苦しめてたなんて……その…ごめん」

「ひなた…」

「これからは、たくさん、き…きすして?」


聞いた瞬間。

グワァァァァァッとしたなにかが、身体中を巡った。

「煽っておいて、タイムとか言うなよボゲェ」

「…え、なに、んんっ」

驚いて口を開いた拍子に舌を入れ込む。

「ふうっ、うう、んっ」

限界を訴えて日向が俺の背中を叩く。

でも、離さない。

「んくっ……ふ…」

今まで叩いていた腕が下ろされる。

代わりに、日向の身体がびくっ、びくっと震え出した。

何事かと思い、口を離すと、

「………はあ、はあっ」

涙目になり、頬が赤く染まった見たこともない日向がいた。

とても甘い蜜のような瞳が、俺のゾクッとした感覚を作り出した。



「……ひなた?」

途端に日向は倒れ込み、寝息を立てた。

まだ時間はあるし、起きたら帰ろう。

日向の温かい身体を抱きしめて、自分も目を閉じた。



End*
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ