セレナーデが聴こえる

□プロローグ
1ページ/1ページ

会ッたことはない、存在してるかもわからないけど
何故か定期的に夢に出てくる黒い球のある部屋、
西くんという男の子、その西くんの顔を見るだけで考えるだけで愛しくなる…

そして今日も頭の中で何かが引ッかかる

『もうまもなく○○駅にて電車が到着します。
白い線より下りお待ちください』

ピロロッ…

「西くん、今からそッちに行くからね」

少女はそう言い駅のホームから微笑み、飛び立ッた。

こうすればまた君に会える気がしたから…
次の章へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ