絶対青春主義




「ま、また怖がらせちまった」



少女に触れようとしていた手が

優しい熱を持ったまま行き場をなくす。



排球少年×文学少女



田中落ち
原作沿い
青春甘々

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ