STORY 長編

□テスト
1ページ/2ページ




朝から落ち着きがない生徒たち。
いつもになく教科書をひろげ頭をかかえこんでいる。




「テストだぁ―!!!!」

「ヤベェよ…倫理って何なんだよ!!!!」





バァァーン







今日もまた教室のドアが力強く開かれた






う゛ぉおい!!!!テストするぞぉ!!!! テメェらオレのテスト120点以上じゃないとたたっ斬るぞぉ!!!!!



(((既に無理―――――!!!!!100点満点のテストだぁ!!!)))







カンニングは認めるがぁ〜



(((え!?いいの―――?????)))








消しゴムの使用は禁止だぁ!!!!!



(((逆につらい!!!!!!)))



テスト中に具合が悪くなったら〜





具合悪くなるな!!!!体調不良は禁止だぁ〜!!!!!



(((無茶だぁあ!!!!)))








配るぞぉ〜!!!!!





スクアーロ先生はプリントを配った







「先生、質問です」



質問の時はビートたけしのモノマネでしか聞かん!!!!


(((えぇ…)))






「先生このやろっ!なんで白紙なんだコマネチ!?」


((やってる―…しかもクオリティ低ッ!!))








倫理のテストは"オレのカッコイイ剣技のすべて"のアノ手の動きを書くことだぁ!!!




(((まじでテスト出た!!!!)))

(((もう倫理とは全く関係ないじゃん…)))






完璧じゃなかったら落第だぞぉ!!! だからオマエらが卒業できる可能性は0%だぁ!!!!!


(((最悪だ……)))





「スクアーロ先生!俺先生のDVD買ったんだぜ!!」


(((佐藤あいつバカだ…)))










本当かぁ!!!!これでオマエが落第しない可能性は0%から











やはり0%だぁあ!!!!!



(((ただ落第させたいだけだ…)))








始めだぁあ!!!!!!



生徒たちは必死に手を動かし始めた。


必死に記憶を蘇らせる。









グゥアー







グィー…ガゴォー





(((寝てる――!!!)))

(((しかもイビキおかしい!!!!)))





試験監督のスクアーロ先生は完全に眠っていた。






グァゥ







(((うるせぇ!!!!!)))
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ