STORY 長編

□球技大会
1ページ/2ページ





今日は球技大会―

生徒たちは朝早くから練習を始めていた。







「いよいよだな〜バレー!」

「あぁ!勝ちたいよな〜けど神無月が弱ェからな〜」

「てかスクアーロ先生、また遠足ん時みたいに中止させようとしそうじゃね?」

「あぁ確かに。」

「まじ勘弁だよな〜」



こんな会話をしながら佐藤と鈴木は教室のドアを開けた





ガラッ







「なんだコレ?!」



目に飛び込んできたのは畳に獅子小渡。




カコーン






う゛ぉおい!!!!燃えるだろう!!??



((和むよ…))





今日の球技大会は絶対優勝だぁ〜!!!!



((予想外に盛り上がってる―――!!!!))





対戦表はあそこに貼ってるぞぉ!!!!!





黒板には対戦表が貼られていた。




「え?先生〜うちのクラスが書いてありません!」



う゛ぉおい!!!よく見ろ―――――!!!!ここだぁ!!!!!


スクアーロ先生が指さす先にあったのは…




「「3年V組?」」



「なんだコレ?1組から3組までしかねぇだろ?!」



今日からこのクラスは〜3年V組だぁ!!!!!


(((勝手すぎ――――!!!!!)))






「何でV組なんですか?」


ウ゛ァリアーのVだぁ!!!!!!


「バリアー!?」






早速戦いにいくぞぉ〜!!!!!







「行くぞぉ〜!!!!」

「「おう!!!!」」



V組の生徒たちはコートに次々に入っていく。



「おい!神無月!何してんだよ?早くこいよ?」


「う…うん。」



ピー



試合が始まった



真っ白なボールがネットを交互に行き来する。




「おい!神無月いったぞ!」



「え…あっ…」


ポロ


ボールは神無月に当たる事もなく落ちた。



ピー




う゛ぉおい!!!!カンナズビィー!!!!何やってんだぁ!!!!!



「神無月どうしたんだよ?」

「…ごめん。俺ボール怖くて…」


「そっか。気にすんなよ!」



次落としたらたたっ斬るぞぉ!!!!負けたらウ゛ァリアークオリティで消すぞぉ!!!!



(((プレッシャーかけてる――――――!!!!)))








スカッ








カンナズビィー!!!!!!!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ