STORY 長編

□夏休み〜夏祭り編〜
1ページ/4ページ



夏休み真っ只中。

やる意味の分からない補習もやっと終わり、今日この町で一番盛り上がりをみせる夏祭りが始まる。






「お〜い!鈴木〜こっちこっち!」

「佐藤!」

う゛ぉおい!遅ェぞぉ!

「え!?先生なんでいんの!!??」

「いや…なんか俺らの夏祭り行く計画聞いてたみたいで…」

「マジかよι」


う゛ぉおい!!!!ダンゴムシら行くぞぉ!!!!!


((勝手に来といてメッチャ仕切ってる―――――!!!!!))




なぜかスクアーロ先生同伴の夏祭りが始まった。








「それにしても人が多いな!」

「あぁこの町こんなに人がいたんだな〜どこからわき出たんだか」


台所だぁ!!!!


((え?ゴキブリ!!??))







マトリックスだぁ!!!!



((エージェントスミス!!??))






お菓子の家だぁ!!!!


((ファンタスティック――――!!!!))








「…あの!先生俺たちトイレ行ってきます!!」

「え?俺は行かないでいーぜ」

(いーから来いっつーの!)



鈴木は佐藤を連れて走った










「トイレあっちだぞ?」

「バカ。ウソだよ!」

「え?なんで?」

「だって先生ついてきたらイヤだし!」

「あぁ!なるほど!流石だな松林!」

「鈴木だ」





鈴木と佐藤は上手くスクアーロ先生から逃げ出した。









「なぁ暑くね?」


暑いぞぉ!!!!!


突然まぬがれたはずの恐怖の声が耳に入ってきた。



ギクリとして鈴木と佐藤はゆっくりと振り返った。







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ