STORY 短編

□バイト
1ページ/2ページ

「いらっしゃいだびょん!!おいお前ここのビデオ全部借りれびょん!!!」

「ひいっ」


「ちょっと犬やめなよ」

「だって〜カキピーここのビデオ全部借りられたら俺ら休みだびょん!!」

「雇ってくれるバイトせっかく見つかったんだから」

「けっ!!なんで俺がレンタル屋でバイトしなきゃならないびょん!!」

「…めんどい」

「めんどくないびょん!!!この色メガネ!!」



「あ…あの…これ」


「あ!?さっさとカード出すびょん!!」

「あっはい!!」


「カキピー!!こいつエロビ借りてるびょん!!」

「ちょっちょっと!!大声で何言ってるんですか!!」

「犬、これはエアロビ。」

「エアロビ?どっちでもいいびょん!!」

「ちょっと何なんだ!店長出しなさいよ!」

「あぁ!?」

「お客様いかがなさいましたか?店長ですけども」

「態度が悪いんだよ!!どういう教育してるのかね!?」

「申し訳ございません!!ほら君も謝って!!」

「イヤだびょん!!!」

「んなっ!!じゃ、じゃあ柿本くん君が代わりに!!」

「…めんどい。」

「なっなっ!!!お前たちクビだ――!!!!!」







「カキピーまたクビになったびょん…骸様に怒られるびょんι」

「次探そ」




(クフフ…またクビですか)
(すまないびょん…)
(さっき犬が骸様をギザギザパイナポーと言っていました)
(カキピー!?!?)
(クフフ…)
(キャンッ)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ