STORY 短編

□右腕
1ページ/4ページ







「3番か〜」

「おっツナ!3番か!俺が6番だから隣だな!獄寺は何番だ?」

「んなっ!18番…!」


「結構遠いのな〜」


「野球バカ変われ!」


「不正はダメだせ!」



「うるせぇ!野球バカどきやがれ!!!」

「獄寺しつこいのな〜」

「ちょっと獄寺君ι」


「10代目の右隣は俺の場所だ!!!!」






只今ホームルームで席替え中…





獄寺君がオレの隣の席が山本だからって異議となえてます…ι
正直、獄寺君怖いよ―ι




「そんなこと言ってもクジで決まったんだからしょうがねぇだろ?な?ツナ」


「う…うん。仕方ないよ獄寺君ι」


「信じません!隣の席になれなかったのは仕方ないです!でも何で野球バカが10代目の隣なんすか!?」


「そんなこと言われても…クジだしι運じゃないかなぁ…?ι」


「俺と10代目には運命の糸がないって事っすか!?」


「ハハハ獄寺恋する乙女みたいなのな〜」



「黙れ!野球バカ!」




(困ったな…ιみんなコッチみてるし…ι)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ