哀歌夢

「 。」

残り少ない砂時計の砂は、留まることなく滑り落ちた


本当に伝えたかった、
たった一つの言葉

あの人に届いただろうか?

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ